2015-01-28

ライトガイドケーブルとルーペ

管理人です。
光学視管等を使用する内視鏡手術では光源装置からの光を伝えるライトガイドケーブルが必要となります。ライトガイドケーブル内にはたくさんのファイバケーブルが入っており、折れてしまうとモニタが暗くなってしまい術者に大きなストレスを与える可能性があります。
点検方法はこれまで蛍光灯などに一方のコネクタ部分に光をあててファイバの折れ具合を確認したりしていましたが、なかなか分からない。
ルーペを使うとよく見えますよという情報を得たので購入してもらいました。


肉眼ではなかなか分かりにくいですが、


ルーペ(10倍程度)を使うと一本一本がわかり、折れているファイバを確認できます。

内視鏡システム側には関わりを持っていますが、光学視管やライトガイドケーブル、スコープ側まではまだ関わりを持てておらず、今後の課題になっています。
そのためにはもっと学習して、信頼を得るところから始める必要があるため時間がかかると思いますが、積極的に関わっていきたい分野でもありますので、勉強したいと思います。

2015-01-26

第1回 唐津ブロック臨床工学技士勉強会

こんばんは唐津の特派員です。今年初めての投稿です。

更新は相変わらず少ないですが、ぼちぼちと2015年も唐津での出来事をUPして行こうと思います。

本年もよろしくお願い致します。


さて、去る1/24(土)に第1回 唐津ブロック 臨床工学技士勉強会が済生会唐津病院にて開催されました。

唐津地区の臨床工学技士のイベントは昨年10月の懇親会以来で、

『よりよい透析をめざして』をテーマに、ASV呼吸器とSPP(皮膚組織還流圧検査)の計測機器におけるセミナーが開催されました。





臨床工学技士の主要な臨床業務のひとつである透析療法ですが、

心不全においてASVを用いた機械的治療や、ASOによる下肢虚血の重症度診断といった、普段の透析室の業務とはまた少し異なる視点から見た透析を考える事ができたセミナーでした。

会場には講演をしていただいた業者の機器の展示もされ、セミナー後には実際に見て触れて体験する機会も設けられました。











小規模ではありましたがアットホームな雰囲気の中で、セミナーは無事に閉幕しました。

また今回唐津地区近郊の臨床工学技士の方以外にも、看護師さんや臨床検査技師さんの参加もありました。

同地区の臨床工学技士、またその他の医療従事者とも結束も深める有意義なセミナーになりました。



2015-01-19

音楽のススメ! Vol.14

 皆様、かなり遅くなってしまいましたが「今年もよろしくお願いします。

 今回は、以前紹介したことがある「Lenny Kravitz」ニューアルバム「Strut」です。改めて詳しく説明するまでもないBigなアーティストさんですね。今回のアルバムの全体的な印象は、少しだけ昔の彼に戻ったかな~?といった感想です。ちょっと嬉しいです。以前紹介したときにも書いたかもしれませんが、今回のアルバムもファンクでロックでポップ?な感じの非常に良いアルバムになっていますので、皆さん是非聴いてみてください。とてもカッコ良いですよ!



 音楽のススメ!でいろいろなアーティストを紹介して来ましたが、私自身昔の人間なんでしょうね、やっぱり(悲)。どうしても今時の流行りの音楽が耳に入ってこないんです。本当にアナログ(ギター、ベース、ドラム)な音が好きなんでしょうね!最近では「Jazzっていいよね」みたいな人間になってきてしまってます。・・・ということで逆に皆さんがおススメするアーティストやアルバムがありましたら私に教えてくださーい!!おねがいしまーす!
 ということで、今回のネタは以前紹介した自作スピーカー周りの変更についてなんですが、昨年末に秋葉原に行く機会がありましたのでお財布の紐を少し緩めて遂に念願のオペアンプを購入して来ました。その名もTexas Instruments社のOPA627BPです。13000円もする超高級品なんですが、2個も購入してまいりました。 



 webで検索するとこのオペアンプを悪く書いてあるサイトを探すのが難しいほどに評判が良いオペアンプなんです。で、音はというと、サウンドカードに2個使用してみて聴いた第一印象は・・・すっげー(汗)。音が溢れてくる感じです。解像度と繊細さが2段階くらい高くなり、上から下まで本当に綺麗に聴こえるようになりました(汗)。さらにすごいのは解像度や繊細さと相反する要素?のパワー感といったものまで、今までのものとは比較にならないくらいすごいんです!これは買いですね。オペアンプを交換できるシステムをお持ちの方は一度聴いてみることをおススメします。とは言いましても音には個人の好みがあるのは否めませんが・・・。
 そんなこんなしているうちに、次なる衝撃が飛び込んできました(焦)。最近、一緒にオーディオにハマリ中のN君から借りた安物の中華アンプLepai LP-2020A+です。


 実はこれ私が以前よりwebでの評判がすこぶる良くて気になっていたものをN君におススメして購入したものなんですが、これまでは安物なりに音が良いレベルなんだろうな~と思っていたものなんですが、実際に自分のシステムで音を聴いてみると・・・もんげー(汗)自分が買って、カスタムしていたデジタルアンプよりも悔しいけど音が良いではありませんか(悲)少し癖があるかもしれませんが、高音の伸びと低音のパワー感が向上しただけでなく、特筆するべきは音の立体感(奥行き)の表現力がすごいんです。このアンプはTripath TA2020というICを搭載したアンプなんですが、自作アンプユーザーの間では以前から評判が良いんですね~。自作キットなんかは1000円くらいから売っていたりもするんです。ということで、このアンプもすごくおススメです。Amazon3000円くらいで売っていますので気になる方はポチってみてください。中華製だけに偽物や当たり外れがありますのでご注意ください。ちなみに私はポチってしまいました。
 ここまできたら行き着くところまで行ってみよう!ということでMade in JapanのデジタルアンプAmulech AL-202H SEをポチってしまいました。
 

 以前はラステームという名前の良いものを作るメーカーだったみたいですが、分けあって今はAmulechとして良いものを作っているようです。このデジタルアンプの評判はweb上にはあまり見かけないですが、きっと良いものに違いないでしょう!只今、慣らし運転中ですので機会があれば、レビューを書き込んでみたいと思います。
 次はAmulech USB DACを購入し、オーディオ専用PCも組み立ててみたいと思っています。

 現在の構成はというと・・・
 flacfoobar2000 ASIOSound Blaster X-Fi titanium HD(MUSES8920D+OPA627BP)AL-202H SEFE83En 
 こんな感じで聴いています。

2015-01-14

医学のあけぼのから先端医療まで 展

管理人です。佐賀大学美術館で開催されていました医学のあけぼのから先端医療まで展に行ってきました。
臨床工学技士という職業で仕事をしており、医療機器はとても身近な存在ですので是非とも行ってみたいと思っていました。
 
 
 
電気メスや内視鏡、コッヘルや聴診器、補助人工心臓、動きをサポートする装置などが展示されていました。

 
おそらく医療関係者やそのご家族、これから医療を目指しそうな学生さんなどが来られていました。
技士会としても一般市民やCEを目指す方に何かしらメリットとなるようなことができればと思います。

2015-01-05

2015年

管理人です。
2015年がはじまりました。今日が仕事始めだった方も、お正月早々お仕事をされた方も医療業界でお仕事をするといろんな方がいらしゃると思います。

昨日、例年通りに初詣にいってまいりました。おみくじをひきましたが、久しぶりに大吉をひくことができました。
いい年になればと思います。

今年の抱負ですが、いろんな変化がある年にしたいと思っています。大きな変化ではないにしても、目標に近づくために少しずついろんな変化を起こしていき、自分にも周りにもいい変化を与えることができればと思います。

技士会のことで考えてみますと、例年と同じイベントを開催するにしても内容を少し変えてみるとか、今まで開催したことがないことを提案するなど、目標の2020年までに会員数を100人にするためにいろいろ考えることができたらと思います。

それでは今年もよろしくお願いいたします。


高校生へ無料の名産丼 SNS利用で

JR佐賀駅で20、21日の午前限定で高校生を対象に無料の名産丼がふるまわれる。 https://www.asahi.com/articles/ASM2M5DLDM2MTTHB00D.html?ref=newspicks PRに今、最も効果を期待できるものの一つがSNSです...