2014-11-04

唐津くんち 2014

唐津の特派員です。こんばんは。

ここ数日で秋が深まって冬の訪れを感じるような寒さになりました。朝晩は冷えるので体調管理には気をつけたいところ。(現に私は若干風邪気味ですが…汗)


さて、唐津といえば!今年も『唐津くんち』の季節がやってきました。

唐津の街を個性豊かな14台の曳山が3日間にわたって練り歩く、唐津神社の秋季例大祭です。

昨年はあいにくの雨模様でしたが、今年は打って変わっての快晴でした。





私は日曜の宵山と3日目の街廻りを見ました。

唐津の地に来て3年目になりますが、その凄さには圧巻されるものがあります。












6番曳山の鳳凰丸は今年、29年ぶりに漆の塗り替えが行われて登場。羽部の青い漆は制作が特に難しく貴重だそうです。



 曳山の美しさ、曳子たちの躍動感、街が総力をあげて取り組む『唐津くんち』

昔からある祭りは日本全国ありますが、その伝統を受け継ぐことも簡単なことではないでしょう。

自分のふるさとにも山車が回る夏祭りがありますが、昔と比べて規模は大幅に縮小し、さみしいものとなりました。

そんな中で今もそのエネルギーの衰えず続いている祭りは凄いことだなぁと感心。

唐津のエネルギーを感じる3日間となりました。

2 件のコメント:

  1. 管理人です。迫力のある、ブログの投稿ありがとうございます。本当にすごそう!一度は行ってみたいと本当に思いました。
    来年あたり、唐津くんちに行ってみようかな。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは!ぜひ一度唐津くんちを見られることをオススメします。
      初日の宵山(よいやま)は特に綺麗ですよ!
      私はバルーンフェスタをまだ見たことがないので、ぜひ来年見られたらなぁと思っています。

      削除