2012-05-15

日臨工 その③

今回の学会はたくさんのWSやビギナーズセミナー、事前登録受付など新しい試みがたくさんありましたが、中でもすごく印象に残ったものの一つとして小学生までと中~高校生を対象とした臨床工学技士体験コーナーがあります。

いろんな方のブログでも取り上げられているみたいですが、すごくいい試みだと思いました。
あえて、小学生までを対象とすることで子供の好奇心をつかみ、そのお父さん、お母さんにも興味を持ってもらうことができると思います。中~高校生対象のプログラムはより本格的なコースとなっており、CEになりたいと思う人もいらっしゃるような内容でした。

400名を超えた方が参加されたと聞いております。


富山県のYボード担当の山下さんが是非写真を撮ってブログにアップしてくれとのことでしたので写真を数枚掲載します。



手術室(人工心肺)、集中治療、人工透析、医療機器管理の4つに分けられていましたが、かなり本格的でした。小さい子供から小学生まですごく楽しそうでした。


説明しているのは富山県技士会のスタッフだそうです。


大画面でいのちのエンジニアが放映されていました。


一般市民に臨床工学技士を知ってもらうすごくいい企画だと思います。この写真をブログで紹介している人もいらっしゃるのでかなりインパクトがあったと思います。


一般市民だけでなく、臨床工学会に参加されているCEさんもたくさん見学されていました。
福岡県の大塚あき姉と熊大の山下さんです。

あき姉はYボード九州を田中さんと一緒に引っ張っていらっしゃいますし、このブログにもちょくちょくコメントをいただいております。山下さんには疑問や分からないこと、悩みなども個人的に相談しております。いつも丁寧にいろいろ教えていただいております。

ということでお二人にはいつも大変お世話になっています。意外ですが、初めての佐賀ブログにご登場です。学会ではよくお会いするお二人ですが、なかなか機会がありませんでしたので、チャンスとばかりにブログ掲載をお願いしました。
これからもたくさん佐賀のブログを彩ってくださいね~




2 件のコメント:

  1. あき姉です(*^^*)
    投稿あざーーーす\(^o^)/
    学会でいろんな刺激を受けてまたみんなで患者さんのために…安心な医療の提供のため頑張りましょう(^O^)
    各地区いろんな和ができて活動が活発になってきてますね(^^)v九州・沖縄のリンクスXも負けないように、また他の地区と繋がりが持てるように取り組んでいきましょう(⌒0⌒)/~~

    返信削除
  2. あき姉、コメントありがとうございます!
    本当に和ができている実感がありますね。こういった和ができたり、活動が活発になっているのは組織Yボード委員のみなさまのご尽力だと本当に思います。
    これからもいろいろお手伝いできればと思います。

    返信削除