2012-02-06

疑似餌のススメ! Vol.4

 遅くなりましたが、『佐臨工釣りクラブと愉快な海の仲間達』ライトジギング大会Vol.1(仮称)の釣果報告を行いたいと思います。
 129日(日)釣行当日の天気予報は波の高さ2mと出航するギリギリの天候で、朝も寒波の影響で大変冷え込んでいました。しかし、風も思いのほか無く、もしかしたらと期待を膨らませ鐘崎港に向かって車を走らせているも、かすかにフロントガラスに雨粒がつき始めました。雨は港についた頃には上がっており、港内も非常に落ち着いた様子で天候に恵まれたとガッツポーズをする私でした…
 本日乗船する船は10年以上前から度々お世話になっている玄界灘(沖ノ島等)のルアー船わかしお丸で、狙う魚はヒラマサになります。今回のメンバーは佐臨工からは私とM氏が参戦しており、愉快な仲間達を3名加えて総勢5名での大会(大会にしては小さいですが)となりました。さて、全員がタックル積み込んで静かに船は港を後にしたのですが、徐々にうねりが強くなり、地島を過ぎたあたりでうねりが最高潮となってしまいました。

  
そんなこんなでポイントに到着後、全員でメタルジグを海へ投入し一斉に釣り始めたわけですが、コンディション的には最悪で待てど暮らせど一向に目的の魚は揚がってきません。「今日は日が悪かったな~」なんて考えながも時間は刻々と過ぎていき、残り1時間となった時に奇跡は起こりました。諦め半分でロングジャークをしていた私のロッドが弧を描いたのです。「キタ~!」と声をあげ慎重にリールを巻き上げてくると、目的の魚とは違ったシルエットの物体が徐々に船に近づいてきました。無事に玉網に入った魚は皆さんご存知の高級魚、50cm1.7kgの嬉しい外道ヒラメでした。その後も全員にアタリは無く、11時を過ぎたころに納竿となり港へ帰港しました。ということでメンバー全員の釣果はこのヒラメ一匹という無残な結果となりましたが、釣れないのも釣りということで第1回大会は幕を閉じたのでした。(誰も船酔いしなかったのが救いです!)


その後のヒラメはというと、当然ながら晩御飯のおかずになり、我が家の食卓を賑わしたのは言うまでもありません。また、前回紹介の新調タックルもご満悦の様子でした。

緊急告知、佐臨工釣りクラブは今回の釣果を真摯に受けとめ、第2回大会を226日(日)に決行することを決意しました。釣りという趣味を通して皆さんと楽しい時間を過ごせたらと考えていますので、興味のある方はブログの管理人さん経由での連絡をお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿